ねぎとわけぎと。
ぃらっしゃぃませ☆☆ あーそこの人ひかないで下さい。 正直スマンかった。
賛同企画

ネギま!のあの曲をカラオケに入れよう!    当ブログはこの企画を全力で応援しています

カウンター

プロフィール

ウィル

Author:ウィル
HN:ウィル
性別:♂
出身地:神奈川

気分が向いたらドーゾドーゾ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Re-bornを考える
本来ならネギま!?二話の感想を書く予定だった(そう書いた)のですが、
前回の記事の公開後、とりあえずまだ聴いていなかった 
今回配信の3曲を聴いたところ…

とても素晴らしい 

特にエヴァのRe-bornがとんでもなく素晴らしい!

何度もリピートして聴いてしまい、感想まで手がつかず…
しかも、アニメじゃなくて歌の感想を書き始める始末…

3曲とも感想を書きたいところなんですが、 
とりあえずRe-bornのみということでm(__)m

ネタバレなどはありませんが、
音楽は理屈じゃねぇ!
という方のために追記方式にしておきます。
また、あくまで個人的な解釈ですので、
参考程度にとどめていただければ幸いですm(__)m


※できるなら歌詞をバンバン載せつつ感想を書きたいところですが、
それは無理ですので、BGMにRe-bornを流しながらでも読んで下さい(笑)
歌詞のそのままの引用は避けましたが、実際のところどうだか分かりません。
何かこれはまずいんじゃないか、というのがありましたらご一報下さいm(__)m
またJASRACからメール等の警告が来た場合も、
この記事は削除させていただきますm(__)m

※とりあえず記事の公開だけしました。
前回の記事のコメントレスと、TB返しは帰宅後直ちに行いますので、
どうかご了承下さいm(__)m


では続きからどうぞー

では参りましょう。
まず何がそんなに素晴らしかったのか。 

松岡由貴さんの歌い方もとても素晴らしかった。
曲調もとても良かった。

ただやはりひとつだけ選べと言われると、歌詞がものすごかった

最近の、作曲者よりも作詞者、とりわけ歌手に焦点が集まる風潮の中で、
それでもやはりこの曲は歌詞が素晴らしかった。  

ですが、この歌詞をその辺の歌手が歌ったのではここまで感動しなかったでしょう。
この素晴らしい歌詞をエヴァ役の松岡さんが歌い上げることに意味があるのです。
これがキャラクターソングの真骨頂という奴なのでしょうか。

まず、この曲のテーマは何か?と問われたら、
私は「永遠」と答えたい。

この「永遠」という言葉には
「希望」と「悲しみ」という二面性があると思うんですね。
私達がはるか昔から望んだ「不老不死」や「永遠」 
それらは希望で溢れています。

しかし上記の通り、「永遠」とは(一部における永遠に限るかもしれませんが)
「悲しみ」でもあるのです。

その象徴となるのがエヴァです。

永遠に終わることのない、いや、終わることができない。
自分は変わることができない。なのに世界は変わっていってしまう。 

10歳の女の子には辛すぎる現実。
だから最初に、すべてを失ったまま蹌踉と歩き続けているんですね。

私もこの曲の中盤ぐらいまでは
「永遠」の「悲しみ」を唱った詩なのかな?と思っていましたが、
終盤に近づくにつれて気が付きます。
そうじゃない、と。

そうです。

永遠という絶望にとらわれているはずのエヴァが
永遠という希望を求めているんです。
 

何故か?
簡単なことです。そしてこれが「永遠」という言葉が美しい理由。

それは、エヴァが今幸せだから。 

エヴァは知っています。
この世界に永遠はあっても、永遠の幸せはないということを。 

それでもエヴァは願います。
いつものエヴァなら諦観し、諦めきっているはずなのに。

ここに、10歳で止まったままのエヴァの本当の時間、
無垢な心を垣間見ることができるんです。

確かに永遠を手に入れた者が、
更なる永遠を求めるのはいたずらな罪かもしれません。
ここにある幸せは、一瞬の夢かもしれません。


でも、それでも、願わずにはいられないんです。

永遠という永く悲しい旅路の中で出会った幸せが、ずっと続くことを。
夢でもいい。幻でもいい。それが人並みの幸せでもいい。
もう少し、もう少しだけ時計の針が止まって欲しい、と。  



私は歌を聴いて涙することがあるんですが、
この歌にもやられました。久々です。

歌詞で涙したところに、
最後の松岡さんの「途中」の歌い方が、
とても優しそうで、幸せそうで、それでいて切なそうで…

こういう歌を聴くと、
ネギま!の最後には、
エヴァの呪いが解放されて、彼女の最高の笑顔が見たいと本当に思いますね。
----------------------------------
いや、ホントにいい歌でした。
勿論他の曲もいい歌でしたよ。
時間があれば感想を書きたいですが、著作権関係も難しいですし、
恐らくこの曲だけということになるかと思います。

ではこの辺りで。
----------------------------------




よろしかったらどうぞー
スポンサーサイト

テーマ:魔法先生ネギま! - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

また、ウィルさんは良い文章を書くなあ(^^)

Re-bornは本当に良い曲です。
私も最初に聴いた時は鳥肌が立ち、自然に涙が出そうになりましたね。

私もウィルさんとほとんど解釈は一緒です。
「不意に触れたぬくもり」という辺りから幸せを願う感じで歌われてますよね。
で、個人的にはこの「ぬくもり」というのがナギとの出会いだったんじゃないかなあ、って解釈してます。
エヴァにとってナギがどういう存在だったのかは、まほら武道会での涙が物語ってますからね。
【2006/10/13 17:58】 URL | テイル #0BLFb4Xs [ 編集]


>>テイルさん
>私も最初に聴いた時は鳥肌が立ち、自然に涙が出そうになりましたね。
ホントです。まぁ私は実際にでちゃったわけですが(笑)

>個人的にはこの「ぬくもり」というのがナギとの出会いだったんじゃないかなあ、って解釈してます。
これは私も考えました。
この曲が今を視点に置いているのか、過去を視点に置いているのかによって
ナギとの幸せを想った曲なのか、現在の幸せを想った曲なのか変わるんですよね。

この歌が麻帆良武道会後の設定に基づいて作詞されたとすると、
幻=クウネルのアーティファクトで再生されたナギ
ということになるんですが、すると一番最後のフレーズの解釈が難しくなったり…

いろいろと書こうとしたんですが、まぁ感想ですし、
ナギ関連はバッサリ切っちゃいました(笑)
【2006/10/14 00:20】 URL | ウィル #jxzyCluI [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://virnegi.blog69.fc2.com/tb.php/50-5999ba71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

iTunes配信曲 第1弾の感想

よし、ネギま!の感想も書いて昼飯も食べたっ。でわ、本日2つ目の記事。本日iTunes Music Storeで配信されたキャラソン3曲についての感想に参りましょう。本日配信された曲は以下の3曲。「montage~まだ見ぬ ケセラセラ ~遠回りをしても止まらずに...【2006/10/13 17:35】

ネギま関連サイト巡回(10/14)

■「ねぎとわけぎと。」さん「Re-bornを考える」>歌詞がものすごかった。うんうんなんか見てると・・相当すごい曲な感じがした^^;エヴァの曲は・・だんだんハマってきました^^;・・この曲はいいですわ ネギま部屋(楊さんのページ別館)【2006/10/14 16:45】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。